広告について考える

heyri-336176_640

広告について考える


heyri-336176_640

広告について考えてみたいと思います。

ビジネスにおいて、売り上げが立つのは自社の商品やサービスをお客さんが購入して
お金を払ってくれた時です。

お客さんに商品やサービスを説明して、お客さんが自分に役立ちそうだと思って
もらえたら商品やサービスが売れていく訳です。

では順番に考えていってみましょう。

ビジネスを始める際に、お客さんに提供したい商品やサービスを考え出して
作ります。

ただ、作っただけでは当然売れません。

なぜならお客さんは、その商品やサービスを知らないからです。
興味がある商品やサービスであっても、お客さんは売っていることを知らなければ
買いようがありません。

ですので、商品やサービスを作った後には、お客さんに知ってもらうことを
しなければなりません。

今のようにインターネットも電話もFAXもなかった頃であれば、どうしたでしょうか。

おそらくこんなことを考えるのではないでしょうか。

お客さんに知ってもらうために、人目につかなければダメだな・・・。
そうだ、人が通る場所にお店を開いて、通る人の目に触れるようにすれば、
知ってもらえるようになるのではないか。
通る人の目に触れることができれば、買いたいお客さんは出てきて買ってくれるはず。

これは待ちの姿勢ですね。

一方でこんなことを考えるかもしれません。

お客さんが商品やサービスを知らないのであれば、知ってもらうようにすれば
よいのではないか。
1軒1軒、商品やサービスを説明して回れば、知らない人の中でも興味をもってくれて
買ってくれる人もいるはず。

こちらは攻めの姿勢ですね。

どういった方法を取るにしろ、自社の商品やサービスをお客さんに知ってもらうことを
しなければ、商品やサービスは売れることはない、ということです。

佐瀬 貴之

ビジネスを効率的にして、もっと生産性を上げてみませんか?


FROM : 佐瀬 貴之
CTA
家族との時間を大切にしたい!
もっと時間が欲しい!
生産性を上げて、あくせくした生活から
脱出したい!

その方法を無料のメール講座で公開しています。



集中して仕事を終わらせ、充実した時間を 持つ方法を知りたくいはありませんか?

今すぐその情報を手に入れたい方は、赤いボタンをクリックしてみてください・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

佐瀬タカノリです。 セールスコピーライターやインターネットマーケティングコンサルタントを しています。 中小企業の売上貢献や集客のお手伝いをしています。 中小企業の社長さんは、忙しいですよね。 売上をアップさせようとして営業マンを雇っても大変ですし、 集客しようとしても社長さん自身がやらないといけないことが 多いのでしょうか。