広告について考える その3

hello-1-1564993-639x503

広告について考える その3


hello-1-1564993-639x503

お客さんに商品やサービスを知ってもらう方法として広告について考えてみました。

そしてもう一つの方法として、こちらからお客さんに知ってもらうために働きかける
形として、1軒1軒商品やサービスを説明して回る方法を話しました。

この方法はいわゆるセールスマンが足を使って稼ぐと言われている方法です。

この方法は、統計学的には売れる方法であることは間違いありません。
少なくとも世の中で何かしら売れている商品やサービスであれば、数多くの人に
説明し続けていれば、必ず興味を持ってくれる人が現れるからです。

ただ、その確率は恐ろしく低いでしょう(商品やサービスによりますが・・・)。

なので、セールスマンとしてこの方法で稼ぐことは相当大変です。
ほとんどの人は売れる前にあきらめてしまうことでしょう。

これに似た方法としては、電話セールスがあります。
電話帳やリストを見て、ひたすら電話をかけまくってセールスをする方法です。

今ではこの方法は、悪いイメージが付いてしまっています。

誰それ構わず、欲しい人でも欲しくない人でも、とにかく商品やサービスを説明し、
売ろうとするため、「押し売り」の形になってしまっているのです。

欲しい人からすればありがたいことなのですが、大半の人にとっては欲しくもない
商品やサービスを説明されて無理やり買わされることになるからです。

また、高額な商品を売りつけられたといってトラブルに発展することもあり、
世の中的には、「悪」のイメージになってしまっています。

「セールス=押し売り=悪」といったイメージです。
多くの人がセールスと聞くと、こういったイメージを抱きやすくなっており、
セールスやセールスマンという言葉はマイナスの評価をされがちになっています。

では、こうした方法以外には何か方法はないのでしょうか。

次回は、そのことについて考えてみたいと思います。

佐瀬 貴之

ビジネスを効率的にして、もっと生産性を上げてみませんか?


FROM : 佐瀬 貴之
CTA
家族との時間を大切にしたい!
もっと時間が欲しい!
生産性を上げて、あくせくした生活から
脱出したい!

その方法を無料のメール講座で公開しています。



集中して仕事を終わらせ、充実した時間を 持つ方法を知りたくいはありませんか?

今すぐその情報を手に入れたい方は、赤いボタンをクリックしてみてください・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

佐瀬タカノリです。 セールスコピーライターやインターネットマーケティングコンサルタントを しています。 中小企業の売上貢献や集客のお手伝いをしています。 中小企業の社長さんは、忙しいですよね。 売上をアップさせようとして営業マンを雇っても大変ですし、 集客しようとしても社長さん自身がやらないといけないことが 多いのでしょうか。