広告について考える その8

meeting-1015316_640

広告について考える その8


meeting-1015316_640

インターネットの浸透とITの進化によって、世の中が大きく変わりました。

インターネットの利用が、低価格・大容量のネットワークインフラの実現で
拡大し一般化されました。

ITの進化が、パソコン、ガラケー、スマホとインターネットを利用する
ものが使いやすくなり、普及したことで一般化されました。

これによって、世の中の大半の人がインターネットを何らかの形で使うように
なりました。

世の中に大きな変化が起こったのです。

そしてそれは、ビジネスの世界にも大きな影響を与えています。
もちろん、広告においても、です。

以前は広告を出すためには、チラシやダイレクトメールなどの紙による手段、
もしくはテレビやラジオといった放送による手段しかありませんでした。

そのため、広告を出すにはそれなりにお金をかけなければできませんでした。

ところが、インターネットの浸透により、メールやWebサイトなどで広告を
出すことができるようになったことで、かかるお金は従来よりも大幅に少ない
金額で済むようになったのです。

これが何を意味するかというと・・・
広告を出すには、大きなお金を出すことができる資本力と、仮に出した広告が
失敗だったとしても耐えられるだけの体力があるところ、つまり大企業しかで
きなかったことが、今や資本力がない中小企業や個人事業主といったところで
も広告を出すことができるようになったということです。

広告における参入障壁が低くなっているのです。

中小企業や個人事業主にとっては、チャンスが広がっています。
仮に出した広告が失敗だったとしても、大きな損失にはならず、むしろ
何度もトライ&エラーができるので、最終的には効果のある広告が出せる
ようになります。

今は個人の時代と言われていますが、広告を見てもそうした時代が到来
していることがわかります。

佐瀬 貴之

ビジネスを効率的にして、もっと生産性を上げてみませんか?


FROM : 佐瀬 貴之
CTA
家族との時間を大切にしたい!
もっと時間が欲しい!
生産性を上げて、あくせくした生活から
脱出したい!

その方法を無料のメール講座で公開しています。



集中して仕事を終わらせ、充実した時間を 持つ方法を知りたくいはありませんか?

今すぐその情報を手に入れたい方は、赤いボタンをクリックしてみてください・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

佐瀬タカノリです。 セールスコピーライターやインターネットマーケティングコンサルタントを しています。 中小企業の売上貢献や集客のお手伝いをしています。 中小企業の社長さんは、忙しいですよね。 売上をアップさせようとして営業マンを雇っても大変ですし、 集客しようとしても社長さん自身がやらないといけないことが 多いのでしょうか。