投資と消費

pound-414418_640

投資と消費


pound-414418_640

投資と消費について考えてみたいと思います。

投資と聞くと、どのようなことを思い浮かべますか。

おそらく、株、不動産、最近だったらFXなどを思い浮かべる人が
多いのではないでしょうか。

間違いではありませんが、話を進める上で、言葉の定義をしておきましょう。

「投資=何らかの資源を投ずること」としましょう。

資源なので、必ずしもお金でなくてもよいと考えます。

ただここではいったん、お金を取り上げて話をしましょう。

投資=お金を投じる=お金を使う
とした場合、ただお金を使っただけでは投資とは言えませんね。

投資と言った場合、何らかのリターンを期待しています。
具体的にはお金が増えることですね。

例えば株であれば、ある企業の株を購入して株価が上がり売った場合、
買った時の株価と売った時の株価の差額が利益となってリターンされます。
差額の分だけお金(資源)が増えたことになります。

では、例えば好きなアーティストのCDを買った場合はどうなるでしょうか。

事実として、お金を使ったことは株を買った時と同じですよね。
ただ、これを投資と呼ぶ人はあまりいないかと思います。

この場合は消費という言葉の方が合っていると思います。

あなたのお金の使い方は、投資が多いですか、消費が多いですか。
少し考えてみてください。

※言葉の使い方は、経済学などでの定義と合っていないと思います。
ここでの話の進める上でのわかりやすさを優先した定義と思ってください。

佐瀬 貴之

ビジネスを効率的にして、もっと生産性を上げてみませんか?


FROM : 佐瀬 貴之
CTA
家族との時間を大切にしたい!
もっと時間が欲しい!
生産性を上げて、あくせくした生活から
脱出したい!

その方法を無料のメール講座で公開しています。



集中して仕事を終わらせ、充実した時間を 持つ方法を知りたくいはありませんか?

今すぐその情報を手に入れたい方は、赤いボタンをクリックしてみてください・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

佐瀬タカノリです。 セールスコピーライターやインターネットマーケティングコンサルタントを しています。 中小企業の売上貢献や集客のお手伝いをしています。 中小企業の社長さんは、忙しいですよね。 売上をアップさせようとして営業マンを雇っても大変ですし、 集客しようとしても社長さん自身がやらないといけないことが 多いのでしょうか。