生産性を上げるには その3

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

生産性を上げるには その3


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

生産性を上げるために、まずはすぐに取りかかることができるものとして、

集中力を上げることをお伝えしました。

集中力を上げて、仕事や勉強に取り組むことができれば、より多くの成果を
出すことができるようになります。

集中力を上げるために取り組むべきこととして2点、
・身体の疲れを取り除くこと
・精神状態を良好にすること
を挙げました。

今日はその1点目、
・身体の疲れを取り除くこと
について話をしたいと思います。

みなさんもお分かりかと思いますが、身体が疲れてくると、何もする気が
おきなくなってきますよね。
とにかく休みたいという気持ちになりますね。
それは正常な反応です。

そして、身体を休めると疲れが取れて元気になり、やる気がみなぎって
きます。

つまり身体の疲れは、やる気とも大いに関係があるのです。
(もちろん、集中力とも大いに関係がありますよ)

なので、仕事や勉強に取りかかる際には、疲れを取り除くことをしてから、
取りかかる必要があります。
つまり、休みを入れることが必要です。
闇雲に仕事や勉強を次から次へと続けてやることはとても非効率です。

ちなみに、長時間仕事や勉強をし続けるとどうなるかというと、どんどん
疲れが蓄積されていきます。
そしてその蓄積された疲れの量が多ければ多いほど、取り除くのに必要な
休む時間は長くなります。

例えば、50分間集中して仕事や勉強をした後であれば、10分休めば
かなり回復して、次の50分間また集中することができますが、
5時間連続して仕事や勉強をした場合、最後の1~2時間はあまり
集中できず、その後で休みを入れても1時間では回復し切れないことでしょう。

同じ5時間かけて、どちらが効率的にかつ成果が出るでしょうか。

できるだけ、身体に疲れが蓄積されないように日頃から気をつけるだけで、
生産性はかなり上がります。

仕事や勉強をする際には、休みを効果的に取り入れて、集中力が持続する
形で取り組むことがとても大切です。

おススメは、50分仕事や勉強に取り組んで、10分休憩を取り、
ちょうど1時間で1つのタームとして取り組む方法です。

そうすると、スケジュールも立てやすくなると思いまし、区切り良く
取り組むことが可能になります。

ぜひ、取り組んでみて下さい。

佐瀬 貴之

ビジネスを効率的にして、もっと生産性を上げてみませんか?


FROM : 佐瀬 貴之
CTA
家族との時間を大切にしたい!
もっと時間が欲しい!
生産性を上げて、あくせくした生活から
脱出したい!

その方法を無料のメール講座で公開しています。



集中して仕事を終わらせ、充実した時間を 持つ方法を知りたくいはありませんか?

今すぐその情報を手に入れたい方は、赤いボタンをクリックしてみてください・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

佐瀬タカノリです。 セールスコピーライターやインターネットマーケティングコンサルタントを しています。 中小企業の売上貢献や集客のお手伝いをしています。 中小企業の社長さんは、忙しいですよね。 売上をアップさせようとして営業マンを雇っても大変ですし、 集客しようとしても社長さん自身がやらないといけないことが 多いのでしょうか。